エンタメ

テテとジェニーのイヤーカフはブシュロンかシャネル?右耳の意味も!

tete-ear

BTSのテテさんとBLACKPINKのジェニーさんの熱愛報道で連日匂わせについて色んな意見がネット上で飛び交っていますね!!

テテさんとジェニーさんがお揃いのイヤーカフを付けていたのではないか?と言われていますが、どこのブランドの物か気になっている方も多い様です!

ブシュロンなのか?それともシャネルなのか?

また、イヤーカフの意味もあるようなので調べてみました!!

今回は、テテとジェニーのイヤーカフはブシュロンかシャネル?右耳の意味も!と題しましてまとめました。

tete-jeni
テテとジェニーは匂わせ合成写真でデマ?済州島での目撃情報の真相は?BTSのVことテテさんとBLACKPINKのジェニーさんの熱愛報道が話題を集めていますね!! 熱愛報道で出た写真は合成写真でデマだ...

テテとジェニーのイヤーカフはブシュロンかシャネル?

テテさんが付けていたイヤーカフはブシュロンではなくシャネルの可能性が高いと思われます!!

こちらが匂わせをしていると言われている写真なのですが、2人ともゴールドが下で上にシルバーのイヤーカフを付けていますね。

ジェニーさんが付けているのはシャネルの広告で仕事としてイヤーカフを付けていますね(^_-)-☆

こちらのイヤーカフがCHANELのFineJewelryでCocoCrushです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

J(@jennierubyjane)がシェアした投稿

こちらは公式のサイトです。

公式サイトを確認してみると、シルバーのイヤーカフにはダイヤが入っています。

しかし、テテさんのイヤーカフにはダイヤは入っていないように見えますよね!!

こちらの男性が付けているイヤーカフもシャネルの物なのですが、、、
テテさんのと似ているように思いませんか?

シャネルなのでダイヤが入っているはずなのですが、遠くからだとダイヤが入っているのかわかりませんよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

◕ FC MARK_PRIN ◕(@markprin_smile)がシェアした投稿

 

続いて、ブシュロンではないか?とも言われていますので、見ていきましょう。

こちらがブシュロンの公式サイトです。

こちらが商品をみるとテテさんが付けているのとは少し違うようですね(=゚ω゚)ノ

なので、おそらくブシュロンではないと思われます!!

 

更に、テテさんは元々シャネルのアクセサリーを付けているとの事です!!

ジェニーさんがシャネルの広告塔となっていますので、今回はたまたまの同じようなものをつけてしまった可能性もあり得るのではないでしょうか?

 

ネット上での意見も見て見ましょう。

ブシュロン説もあります!!

もちろんシャネル説も!(笑)

このようにどっちのブランドを付けているのかこの画像だけでは決める事が難しいです。

テテさんの画像を鮮明にイヤーカフの部分だけを見ることも出来ないので…(=゚ω゚)ノ

100%とは言えませんが、ブシュロンかシャネルで考えるとシャネルの可能性の方が高いのではないかなと思われます。

テテが右耳に付ける意味は同性愛を強調!?

BTSがアメリカのホワイトハウスを訪れる為に空港で撮られた写真が匂わせだ!などと言われていますが、右耳に付けるとゲイという意味を持つようです。

おそらくテテさんはファンから意味を持って行動しているという意見が多く、テテさんからの無言の訴えでないか?と言われています。

テテさんはジェニーさんとの熱愛を否定しているのかな?とも捉えられますね。

更に、『Your Dog is not my Dog』と書かれたお洋服を着ていたのですが、この洋服にもテテさんからの無言の訴えなのではないか?と言われています。

この意味は『その問題は私の問題ではない』という意味になります!!

無言の訴えではありますが、今匂わせと言われているテテさんがジェニーさんとの関係を無言で訴えているようにも捉えることが出来ますね。

テテさんはじめ、BTSの方はファンをとても大切にしている事が伝わってきますね!(^^)!

まとめ

今回は、テテとジェニーのイヤーカフはブシュロンかシャネル?右耳の意味も!と題しましてまとめました。

テテさんが付けているイヤーカフはブシュロンかシャネルで比較するとシャネルの可能性の方が高いと思われます!!

さらに、今までもテテさんはシャネルのアクセサリーを愛用していますのでシャネルのイヤーカフを選ばれても匂わせの為ではないと思います。

テテさんとジェニーさんの熱愛が報道されていますが、テテさんは無言の訴えをしてファンたちへ伝えているのかもしれませんね!(^^)!

最後までお読みいただきありがとうございました。