音楽

米津玄師ライブ2022の当選倍率がヤバい!チケット取得にはシリアルナンバー必須!

yonezu-2022live

米津玄師さんが約2年半ぶりとなるアリーナツアー『米津玄師 2022 TOUR / 変身』が開催されることを発表しましたね(*’▽’)

約2年半ぶりということでファンにとっては待望のアリーナツアーですよね♡

ただ、今回は久しぶりの待望リアルライブ&公演場所と公演回数が前回の公演より減っていますので、2020年のツアーの時よりも倍率が上がるのではないかなと思われます(=゚ω゚)ノ

当選倍率がヤバそう、、、と気になりますよね。

そこで今回は米津玄師ライブ2022の当選倍率がどのくらいになるのか?を一緒に観ていきましょう!(^^)!

またチケット取得にはシリアルナンバーが必須になるようなので、そちらも合わせて詳しく見ていきたいと思います☆

今回この記事では以下のことについてまとめました。

  • 米津玄師ライブ2022の当選倍率がどのくらいになるのか?
  • 米津玄師ライブ2022のチケット取得にはシリアルナンバー必須

米津玄師ライブ2022の当選倍率がヤバい!

米津玄師さんのライブ2022の当選倍率を計算したところこのようになりました!!

  • 一次:「M八七」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は
    10.8~21.6

  • 二次:「STRAY SHEEP」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は
    17.5~35.1

約2年半ぶりのツアーという事もあって、当選倍率が高すぎてヤバいですね(=゚ω゚)ノ

詳しくみていきましょう。

米津玄師ライブ2022の一次:「M八七」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率

一次:「M八七」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は10.8~21.6と予想させていただきました!!

米津玄師のライブの一次抽選に申し込むためにはM八七のCDに入っているシリアルナンバーが必須になります。

こちらのシリアルナンバーは初回生産分のみ封入との事で、なくなり次第終了となっているようなので、まだの方はお急ぎを(=゚ω゚)ノ


 

当選倍率を出すためにCDの売り上げ枚数を参考に計算していきますね。

まだ、M八七は発売されておりませんので、今回は2019年に発売された馬と鹿の52万枚と2021年に発売されたPale Blueの25万枚の売り上げ枚数でだいたい間をとって40万枚の売り上げがあると設定して計算をしていきます!!

もしかすると、売り上げ枚数はこれ以上になることも考えられますので、更に倍率が高くなる可能性も、、、(=゚ω゚)ノ

今回の米津玄師さんの2022年ライブ『米津玄師 2022 TOUR / 変身』では、
シリアルナンバー1枚につき、1公演申し込みで4枚まで可能となっています。

なので、40万枚のシリアルナンバーから申し込みがあり、2枚~4枚と計算すると800.000~1.600.000枚の申し込みがあるという事になりますね。

 

次に会場収容人数をみていきましょう!

米津玄師さんのライブ2022『米津玄師 2022 TOUR / 変身』では、5会場10公演で会場収容人数は148.000人となります。

会場 収容人数 公演数 収容人数の合計
東京・東京体育館 10.000人 2 20.000人
大阪・大阪城ホール 16.000人 2 32.000人
兵庫・神戸ワールド記念ホール 8.000人 2 16.000人
愛知・日本ガイシホール 10.000人 2 20.000人
埼玉・さいたまスーパーアリーナ 30.000人 2 60.000人
合計5会場 10 148.000人

 

ただ、感染症対策などで会場収容人数が少なくなる可能性が考えられますので、更に倍率が高くなる可能性があります!!あくまでも推測なのでご了承ください。

そして、一次抽選では全体の5割の当選だとすると74.000人となります。

当選倍率の計算方法は…

チケット申込者数÷ 会場収容人数=当選倍率

800.000~1.600.000の申込者数 ÷ 74.000人= 10.8~21.6の当選倍率

 

 10.8~21.6の当選確率ということになります!!

かなり高いですね、、、ヤバいですね٩( ”ω” )و

米津玄師ライブ2022の二次:「STRAY SHEEP」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率

二次:「STRAY SHEEP」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は17.5~35.1の当選倍率です。

米津玄師のライブの二次抽選に申し込むためには『STRAY SHEEP』に入っているシリアルナンバーが必須になります。

『STRAY SHEEP』は初週の売り上げ枚数がなんと88万枚となっております!!

キョエ~~(=゚ω゚)ノ

計算しなくても当選倍率が高いのはわかっておりますが、数字にしてみていきましょう!(^^)!

ただ、おそらく一次で申し込む方が断然多いと思いますので、88万枚の6割の方と想定して52万人の方が申し込むとして計算していきますね☆

52万人の方が2枚~4枚の申し込みをすると計算すると1.040.000~2.080.000枚の申し込みがあるという事になります。

そして、二次抽選では全体の4割の当選だとすると…59.200人となります。

当選倍率の計算方法は…

チケット申込者数÷ 会場収容人数=当選倍率

1.040.000~2.080.000の申込者数 ÷ 59.200人= 17.5~35.1の当選倍率

17.5~35.1の当選倍率という事になりました!!

こちらもかなり高い倍率になっていますね(=゚ω゚)ノ

米津玄師ライブ2022のチケット取得にはシリアルナンバー必須

米津玄師さんはファンクラブがない為、ライブを行うとなるとCDに入っているシリアルナンバーが必須になるという事です!!

ただ、『STRAY SHEEP』は2020年8月5日に発売されているのですが、世界的に広がった感染症の影響でライブなども中止となっていたため、初回盤でシークレットで入っていたシリアルナンバーに驚いたファンの方も多かったはず(^_-)-☆

しかし、2年前の事でどれ?っとなっている方もいたようですね。

こちらがシリアルナンバーのようなのでご確認ください☆

一次申し込みのシリアルナンバーは『M八七』のCDに入っています!!

初回限定版の為まだの方はお急ぎください!(^^)!

シリアルナンバーは初回生産分のみ封入との事で、なくなり次第終了となりますよ。


 

米津玄師ライブ2022チケット応募方法・スケジュール

先程もお伝えいたしましたが、チケットを申し込むにあたりCDに入っているシリアルナンバーが必要になります!!

  • 1次受付 「M八七」CD封入シリアルナンバー抽選受付

    受付期間: 5月17日(火)10:00~5月22日(日)23:59
    結果発表: 6月 2日 (木)12:00
    入金期間: 6月 2日 (木)12:00~6月 7日 (火)23:59※「M八七」CD封入12桁のシリアルナンバーが必要です。
  • 2次受付 「STRAY SHEEP」CD封入シリアルナンバー抽選受付

    受付期間: 6月16日(木)10:00~6月22日(水)23:59
    結果発表: 7月 5日 (火)12:00
    入金期間: 7月 5日 (火)12:00~7月10日(日)23:59※STRAY SHEEPの初回分に封入されていた10桁のシリアルナンバーが必要です。

こちらがチケットサイトとなっております!!

詳しい詳細を確認したい場合はこちらから!(^^)!

チケットお申し込み

※チケットお申し込みボタンは、5月17日(火)10時からとなっております。

現在は『ただいま準備中です。』となっております。

まとめ

今回は米津玄師ライブ2022の当選倍率がヤバい!チケット取得にはシリアルナンバー必須!と題しましてまとめました!

待望のリアルライブということもあり当選倍率がヤバいです。

  • 一次:「M八七」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は
    10.8~21.6 
  • 二次:「STRAY SHEEP」CD封入シリアルナンバー抽選受付の当選倍率は
    17.5~35.1

このようになっております(=゚ω゚)ノ

予測なので、もしかするとこれ以上かもしれません。

皆さんが米津玄師さんのライブを楽しめることを願っております(^_-)-☆

最後までお読みいただきありがとうございました。